17 7月

2022年夏:常念岳まき道は8月上旬まで通行止め→通行できるようになりました。

2022年7月9日(土) 通行止め継続。→ 8月5日(日) の時点で、開通していることを確認しました。

常念小屋から「雪渓が残る危険な状態であることから、雪渓が消える8月上旬頃まで通行止めを継続したい」との要望がありました。

まき道の現在の状況を確認(3本の雪渓が残り危険),組合長が常念小屋と協議し通行止めを継続することを決定いたしました。

尚、開通判断及び通行止め解除の作業については、常念小屋が行うことになっています。

常念まき道とは、下記の図の赤いルートのことです。常念乗越から前常念方面へ、山頂を経由せずにトラバースするルート。北東斜面のため、途中にある谷筋に遅くまで雪渓が残るなど、上級者向きのコースです。

常念乗越~前常念まき道

浮石の撤去などの整備をまき道全線について完了!

草刈りなども済ませてあります。気を付けて通行してください。

DSC03666

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>